不動産買取|広島の不動産買取

不動産買取

不動産買取と仲介売却

不動産売買の方法である不動産買取と仲介売却。両者にはそれぞれメリット・デメリットがあり、お客様のご要望によってどちらを選ぶべきかは変わってきます。こちらのページでは、広島の有限会社太陽住建が、不動産買取と仲介売却の違いをご紹介します。ぜひあなたの不動産売買活動にお役立てください。

不動産買取と仲介売却

特徴
不動産買取

所有する土地や物件を不動産会社に直接買い取ってもらう売却方法です。短期間での売却や確実な売却を優先する場合には買取がおすすめです。

仲介売却

不動産会社が仲介役となり売却活動によって買い手を探す方法です。できるだけ高い金額で売りたいという場合には、「仲介売却」がおすすめです。ただし、一般的に売却価格×3%+6万円という手数料がかかります。

それぞれのメリット・デメリット

不動産買取 仲介売却
メリット
  • 早期売却できる
  • 近隣に売却することを知られない
  • 素早く現金化できる
  • 売れないかもしれないという不安が解消できる
  • 売却価格が高くなる可能性がある
  • 自分の希望額で売却できる
デメリット
  • 仲介売却よりも価格が下がる可能性がある
  • 手数料がかかる
  • 売却活動が長期にわたる可能性がある
  • 売却活動が長引くと値下げしなければいけない

イエジン 不動産売却情報満載のWEBマガジン

新着情報

太陽住建

イエジン 不動産売却情報満載のWEBマガジン